人気ブログランキング |

タグ:D5 ( 2 ) タグの人気記事

復職して2週間ですが(汗)

月から復職して現場に入っているんだけど、手違いで仕事が無い状況で、ただの給料泥棒。

なので、暇つぶしにカメラ技術の復習とかまとめとかしてます。
ただの給料泥棒。

色々みてますが、基本独学で実践あるのみです。

D5の場合ですが。。

①高感度ではISO 1600までは画質劣化は皆無である。
②絞り込んだ撮影では回折現象が発生すると画質が劣化する場合がある、
 対応としては、絞りを最大F16では無く、F8~11に抑える。←なるほど。
③ISOの余裕と対応してシャッタースピードを上げて手振れに対応する。
④シャッタースピードで余裕が出来た分はISOを下げて画質を確保する。

設定ですが
手持ちだとSS 100くらいから手振れしてしまうのでSS 200以上がベターと言う
ヘタレカメコの結論としてはつまり

パンフォーカスで仕上げたい場合(背後が壁紙とかで奥行が無い場合)
SS 200~
F8~11
ISO100~1600

背後をボケで表現したい場合(背後が抜けていて、被写体を強調したい場合)
SS 200~
F1.4~2.8
ISO100~1600

背後のロケーションも十分に取り込みたい(背後が抜けていて、ロケーション素敵)
SS 200~
F2.8~11
ISO100~1600

>カスタムピクチャーコントロールは
人撮りが多いので
人肌をキレイに撮れると言うPTを基調として
輪郭強調
明瞭度    
コントラスト 
を上方方向に調整して様子を見ていこうかと。。。

明るさ
がどのくらい影響も検証する必要あり。
同じSSでもそちらの設定で画質劣化すること無く、露出が確保出来ればベター。

物撮り、風景撮りのカスタムピクチャーコントロールは別途確定して行きたいですね。

>まだ分かっていない事。
露出補正が実際の明るさに影響している感覚がないのだが。。うーん

>ホワイトバランスの話
実際のその時の色
その人の本来の色
表現したい理想の色

があるわけなのだが

実際のその時の色で撮りたければプリセットして白やらグレー18%とかを確保すればいい。
プリセットすれば分かるけど、極端じゃなければ、結果のほとんどAUTOと変わらない事が多いです。

メイン電球色はやめたほうがいいです。、部屋でみると割と耐え難いですよね。
電球色しかない場合はちゃんと設定するか、割り切りましょう。

被写体と比べて、背後の光の色温度が設定よりも高いと青くなってしまうのは不自然なので要注意です。
被写体と比べて、背後の光の色温度が設定よりも低い分には、そんなに不自然じゃないです。

朝とか、夕焼けの色は夕焼けとして表現したい。
だったら日中設定5,000Kとかで撮れば赤くなりそうな気がする。
人を夕焼け色に撮るか、本来の色で撮るかは表現の自由。

女の子は白くて美しいと思うが、実際日本人は黄色人種だし。。。
でもメイクで白い場合もある。
それも表現の自由。だが、白美人に仕上げられれば言うこと無し。

意図したカラー光はそのまま生かさないと意味ない。
スポットライトとかイルミネーションは生かすべし。

天気は日々違うからケルビンで固定してしまうのは考え物。
するのもいまいち。

実際に写真を見るのは部屋の中のパソコンがメイン。

昼間の太陽光は約5,500K
スタジオとかの照明は以下が一般的(AUTOで補える範囲です)。
「昼白色」と呼ばれる色は、色温度が約5,000K 近い自然な光
「昼光色」と呼ばれる色は、色温度が約6,500K 青みがかった爽やかな光

大まかに決めて撮影して緑(G)、赤(M)、青(B)、茶(A)で微調整をすればいいけど
現場で調整してもどうせ影響されるからあきらめてAUTOで取りあえず撮ってしまえと言う結論になる。

大幅に失敗しなければ、後で直せるから
AUTOで取りあえず撮ってしまえと言う結論になる。

色温度が低ければ、温かい、優しいイメージ。
色温度が高ければ、寒い、クール、カッコいいイメージ。

大胆なWBアレンジは表現の自由であり、アートである。

三回言います。
大幅に失敗しなければ、後で直せるから
AUTOで取りあえず撮ってしまえと言う結論になる。

今のカメラは頭いいです。
信用しましょう。


もっと場数がほしいところ。。
実践求ム。。。


追記!!!

こんなページ見つけた!!
知らなかった・・。

レンズのどのF値が最高画質なのか?が表で掲載されてる!!
すげー。

http://www.opticallimits.com/nikon_ff

ちきらみーですですです!!!

調べた結果は以下
◎は3640以上

レンズ解像度は
Nikkor AF-S 35mm f/1.4 G
f2-f8◎  f4が一番良い

Nikkor AF-S 58mm f/1.4 G
f2.8-f8◎ f4が一番良い

Nikkor AF-S 105mm f/1.4 G
f1.4-f8◎  f2.8が一番良い

Nikkor AF-S 14-24mm f/2.8G
f2.8-f8◎ f4が一番良い

Nikkor AF-S 24-70mm f/2.8E
全域良し◎ f5.6が一番良い

Nikkor AF-S 70-200mm f/2.8E FL ED VR は無かったけど、
f2.8-f8◎ f4が一番良いくらい?かな

なるどねー!。
背景暈したいとか、更にパンフォーカスとかで状況は変わるかもだけど
参考にしようと思います。






by ssrrww | 2018-06-19 14:15 | 無題

D5とD800Eの2台持ちになった訳ですが。。

まあ、両方ともとても綺麗に撮れます。

どちらが優れてるかと言えば、まあ総合的にはやはりD5です。
フルサイズの撮像素子に2082万画素を収めたD5の表現力は凄いと思います。
ホワイトバランスのAUTOも優秀でした。

まだ使用し始めて全然経っていませんが、D5の高感度性能は凄過ぎます。
ISOが上げられれば、SSが稼げるのでF値も上げられます。凄い事なんです。
それでもD800シリーズの解像度には目を見張る物があります。

フルサイズの撮像素子に3630万画素は流石です。
最新のD850だと、4575万画素ですからね!
どんだけって感じです。

でも、画質と言うのは結局撮像素子のサイズと画素数のバランスが重要で
詰め込み過ぎより、ピッチに余裕がある方が表現が豊かであり
大事なのは画素数の多さではなく、一画素のクオリティの高さと言うことみたいです。

日々S/Wも進化していますので、高画素数でも表現が豊かの方向で進んで行くと思っています。


by ssrrww | 2018-06-11 15:27 | 無題